智恩寺は平城天皇の勅願寺

智恩寺は京都府宮津市にある臨済宗妙心寺派の寺院で、天橋立駅より徒歩約5分でアクセスできます。平城天皇の勅願によって創建されたと伝えられており、「知恵の文殊」「切戸の文殊」といった別名があります。木造文殊菩薩像や多宝塔など、複数の重要文化財が存在します。境内には大中小3つの力石があり、触れると知恵を授かると言われています。

 

電子マネー払いができる安倍文殊院

華厳宗の寺院である安倍文殊院は奈良県桜井市に存在し、桜井駅から徒歩約25分でアクセスできます。300台分の駐車場が完備されているため、車でのアクセスも可能です。木造騎獅文殊菩薩及び脇侍像は国宝に指定されています。ちなみに安倍文殊院は日本で初めて電子マネー決済を導入した寺院で、現金を持っていなくてもICカードがあれば拝観料を払ったり絵馬を奉納したりできます。

 

伊達政宗から崇敬された大聖寺

大聖寺は山形県高畠町にある真言宗智山派の寺院で、「亀岡文殊」とも呼ばれています。戦国時代には伊達政宗から厚く崇敬されていました。お堂の裏側にある湧水は「利根水」と呼ばれており、飲むと知恵を授かると伝えられています。受験生が参拝することが多く、受験シーズン前に受験合格米の祈祷式が執り行われます。

 

時代劇のロケ地でも知られる金戒光明寺

大聖寺ではなく、京都市左京区にある浄土宗の寺院、金戒光明寺が三文殊のひとつに数えられることもあります。「くろ谷さん」という通称で呼ばれることもあり、時代劇のロケ地として使われることも多いです。境内には熊谷一族や春日局の墓所があります。