イビラプエラ公園でのんびり過ごす

イビラプエラ公園は約120ヘクタールの面積を誇る広々とした公園で、サンパウロ市政400周年を記念し1954年に整備されました。観光客のみならず地元の人達にとっても憩いの場として親しまれており、公園内で売られている軽食を食べながらのんびりと過ごすのもいいでしょう。土日の夜に行けば噴水のショーを見られます。その他の施設としては航空博物館や日本庭園、日系移民の慰霊碑などが挙げられます。園内でハクチョウやアヒルといった水鳥を見られるのも特徴です。

 

サンパウロ美術館は西洋美術のコレクションが充実

サンパウロ美術館は「MASP」という通称で呼ばれており、ブラジルのみならず南半球でも有数の規模を誇る美術館です。中世から現代に至るまでの様々な国の西洋美術が収蔵されています。広い美術館なのですべて回ろうとしたら疲れてしまうかもしれません。そんな時は、館内にあるカフェテリアやレストランで一休みするのもいいでしょう。売店には多くの絵本が売られているため、お子様がいる方にもおすすめできるスポットです。

 

世界でも有数の日本人街、リベルダーデ

ブラジルには多くの日系人が暮らしており、もちろん首都であるサンパウロも例外ではありません。リベルダーデはサンパウロにある日本人街で、ポルトガル語で「自由」という意味です。「鈴蘭灯」と呼ばれる提灯の形をした街灯など、街のあちこちで日本らしさを感じられます。寿司店や割烹料理店も軒を連ねているため、旅行中に日本の味が懐かしくなった方は立ち寄ってみるといいでしょう。街中には日本庭園や日本移民史料館もあります。